プログラミング

変更に強いソースコードが重要視される時代

強い

この記事では、変更に強いソースコードの重要性をご紹介します。

システム構築の際に、既存のソースコードに修正を加えたとき、思ってもいない場所でバグが発生した経験は無いでしょうか?

そして、そのバグの修正で新たなバグが生まれ、負のスパイラルに陥ってしまったり・・・

そんな悲しい連鎖はもう見たくありません。

特に、業務でプログラミングを行っている方には、”仕様変更”という言葉を身近に感じるという人も多いと思います。

仕様変更に関わらず、ソースコードの修正は当たり前に行われます。

そういった、既存のソースコードに手を入れる際に、短時間で修正が可能だったり、修正してもバグが少なくなるようなソースコードを変更に強いソースコードと呼びます。

変更に強いソースコードを記述することで、低コストで修正を行えるので、仕事を効率化することができます。

すると、短時間でバグの少ないシステムを構築できる貴重な人材として周りからの評価も大きくアップします。

また、現在業務についていない方にとっても重要な内容になります。

最近プログラミングの勉強を始めた方や、現在、学校などで勉強中という方にとっても、変更に強いソースコードを身に着けると、将来役に立つことは間違い無いです。

どうすれば変更に強いソースコードを書けるのか

大きく分けて、二つ重要な点があります。

ソースコードを読みやすいように綺麗に記述する

よく、綺麗なソースコードと呼ばれるコードは、適切な改行やコメントが行われていたり、誤解の発生しない分かりやすい変数名を用いたり、処理ごとに関数を分けるなど、読み手に分かりやすいように工夫がされています。

綺麗に記述することで、あとから見返したときに短時間で記述内容が理解できるようになります。

他の人が見返した時や、未来の自分が見返した時のために親切に書きましょう。

どこに何の処理が書かれているかがハッキリしている

必要な処理がどこに書かれているかがわからないと、同じような処理を複製してしまったり、処理の内容を把握する際に不要な箇所も参照してしまい、結果的に時間だけを無駄に浪費して結局何をしている処理なのかわからない、なんてことにもなりかねません。

同じような処理を複製してしまうと、修正する箇所を探すのにも手間がかかったり、複数個所同時に修正しないといけなくなったり、コストが増加してしまいます。

このような問題を解決するための、綺麗で読みやすいソースコードの書き方についてもご紹介しています。

読みやすい綺麗なソースコードを書く5つの掟【初心者必見】この記事では、プログラマとして必須スキルの綺麗なソースコードの書き方をご紹介します。 プログラマーなら知っていて当たり前、でも最初...

さいごに

変更に強いソースコードを記述することで、時間効率を上げ、周りからの評価も上がることがわかりました。

このような変更に強いソースコードを書くテクニックはたくさんあります。

最近プログラミングを始めた人はもちろん、自己流の書き方が染み込んでいる人、そして上流工程で設計やソースのレビュー等を業務としている人にも特に有効な情報になります。

変更に強いソースコードは、プログラミングには切っても切れない要素なので、必ず習得しましょう。

良いソースコードの書き方紹介!4つのポイントで自身のスキルと周りの評価がアップする方法!この記事では、ソースコードの記述テクニックをご紹介します。 プログラマとして、良いソースコードを記述するのに必須のテクニックです。...
プログラム
イミュータブルな実装で変更に強く高品質なソースコードへ変更に強く、高品質なソースコードの書き方のテクニックとしてイミュータブルな実装についてご紹介します。 近年、システムやプログラムは...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です