システムエンジニアの就活、転職必勝講座

就職活動、ビジネス

システムエンジニアを目指している人が、自分の就職したい企業に就きやすくなる方法をご紹介します。

ここで紹介する方法をしっかり実践し、自分の知識と能力を磨く事で、希望の企業に就きやすくなります。

就職活動と言えば、一般的には企業説明会に、基礎学力テスト、面接が1~4回くらいの採用試験を受ける事になります。

場合によっては、グループワークや職業体験など、様々な試験がありますが、企業側からするとこれらを用いて、短い期間の中で採用を決定しなければなりません。

その短い中で自分を最大限アピールする必要があります。

アピールの方法には様々なものがありますが、その中でも情報処理技術者試験という資格の習得をオススメしています。

情報処理技術者の資格を取得する

自分の能力を磨く方法の一つに、情報処理技術者試験の資格を取得するという方法があります。

情報処理技術者試験の資格を取ると、次のようなメリットがあります。

  1. 能力を客観的に評価される
  2. 資格取得のために学習することで自分の知識量や能力が向上する

この試験は経済産業大臣が実施している国家試験なので、自分の能力を客観的に証明する証明書になります。

そのため、企業側からしてみても資格を持っているだけで一定の能力は担保されているので、採用しやすくなるという訳です。

そして、そのメリットが就職/転職活動に大きく影響します。

どの資格が、どれほど自分に有効な資格になるのかについてはこちらで詳しくご紹介しています。

就職、転職
情報処理技術者試験とは?就活や転職が有利になる資格【IPA・基本・応用】"情報処理技術者試験"、IT業界に携わっている人なら知らない人はいません。 特に、これからIT業界に足を踏み入れる人や、情報技術を...

また、実際に私が資格を取得した事によるメリットを経験した体験談があるので、是非ご一読ください。

資格の重要性が理解でき、「自分も挑戦してみたい!」と思うようになって頂けると幸いです。

資格、勉強、学習
学生時代に応用情報技術者の資格を取ると就活が成功しやすくなる話【体験談】情報系の大学を学部で卒業した私が、IT業界への就職を有利に進めるために取得した資格試験についてご紹介します。 私は、この資格を取得...

資格取得に向けて効率の良い勉強方法

資格を取得するのは大変ですが、しっかりと傾向を抑え、効率の良く学習することで比較的楽に合格することができます。

簡単に言うと、”過去問”を中心とした学習方法が合格への近道のコツです!

なぜ過去問を学ぶのがいいのか?効率の良い勉強方法については、こちらで詳しくご紹介しています。

勉強
情報処理技術者試験に確実に合格するための勉強方法とコツ!IT業界で重宝されている、情報処理技術者試験に受かるための勉強方法とコツをご紹介します。 この記事では、情報処理技術者試験の中でも...

その他の資格試験

資格は、情報処理技術者試験だけではありません。

例えば、デザイナー向けにウェブデザイン技能検定やデザイナー検定という資格があります。

こちらは、情報処理技術者試験よりも比較的楽に合格することが出来る資格になっています。

Webデザイナーを目指している人、とりあえず何か資格が欲しい人、Web系の技術に興味がある人などにオススメです!

ただし、こちらの試験は本当に自分に取って必要な資格なのかを一度考えて欲しいです。

私の経験則から言うと、まずは情報処理技術者試験に挑戦して欲しいというのが本音です。

その理由については、こちらでご紹介しています。

デザイン
ウェブデザイン技能検定、Webデザイナー検定は就活で役に立つ?資格試験を受ける前によく考えよう。IT技術について学んでいる人や、Webの技術に興味がある人が、"何か資格が欲しい"と思った時にこれらの資格をオススメされた経験は無いでし...

 

文系でもシステムエンジニアになれる!

システムエンジニアは数学や専門的な知識が必要と思われがちです。

そのため、もしあなたが文系ならばシステムエンジニアになることに抵抗があるかもしれません。

しかし、現実はそんな事はなく、文系出身のシステムエンジニアも多くいます。

文系でもシステムエンジニアになれる根拠をこちらの記事でご紹介しています。

文系、エンジニア
文系でも独学でシステムエンジニアやプログラマになれます!システムエンジニアになりたいけど、自分は文系だから難しいと思っている方はいないでしょうか? 確かに、システムエンジニアになるために...

IT業界の企業について知る

IT企業は大きく分けて二つの形態があります。

それが元請け企業と下請け企業です。この二つは上下関係が成り立っていて、それぞれ向き不向きがあります。

自分に向いている仕事や、将来像を見定めて企業を探しましょう。

企業
元請け?下請け?システムエンジニアになるなら元請けを目指してほしい話IT業界には元請け、下請けという概念があります。 今回はこの二つの概念と、それぞれの仕事内容とどういう人に向いているのかというお話...