就活

ウェブデザイン技能検定、Webデザイナー検定は就活で役に立つ?資格試験を受ける前によく考えよう。

デザイン

IT技術について学んでいる人や、Webの技術に興味がある人が、“何か資格が欲しい”と思った時にこれらの資格をオススメされた経験は無いでしょうか?

  • ウェブデザイン技能検定
  • Webデザイナー検定

学生なんかだと、就職活動を有利に進められるように大学側からオススメされることも多いです。

何故、これらの資格がオススメされやすいのかと言うと、やはり難易度の低さが一つ理由としてあります。

一般的に、IT系の資格と言えば、情報処理技術者試験の事を言われることが多いですが、そちらは情報技術について広く知識を持っていなければ受かりません。

ネットワークやセキュリティ、プログラミングの知識から、プロジェクトの運営や時事ネタまである程度、知識のレベルが必要なのです。

それに比べて、デザイン系の資格試験は比較的簡単なプログラミング言語のHTML、CSSを理解でき、ホームページを構築するという点について詳しくなることで合格することが出来ます。

そのため、比較的楽に“資格を取る”ことが出来るので、オススメされやすい資格になっています。

ただし、デザイン系の資格が全て簡単な訳では無いです。資格には、レベルによって難易度が違い、上級のレベルはもちろん難しいです。

デザイン系の資格の違いは?

実は、デザイン系の資格はいくつか種類があります。

ここでは、上記でも触れましたように、その中でも有名な二つの資格についてご紹介します。

ウェブデザイン技能検定

Web関連の資格で唯一の、国家資格になります。

内容は、ホームページを制作するための知識を問うものが多く、HTMLやCSSの技術が要求されます。

また、デザインの観点から見た画像編集に関連するものや、色の使い方や配置などの知識も必要です。

ただし、注意して欲しいのが、2級以上の資格は実務の経験が必要という事です。

そのため、学生の間は3級のみしか受験資格がありません。

Webデザイナー検定

ウェブデザイン技能検定とは違って、民間が運営している資格になります。

内容はウェブデザイン技能検定と大差はありません。

ただし、受験資格に実務の経験は不要なため、どのレベルの資格でも受験することが出来ます。

そのため、高いレベルの知識を持っている人はウェブデザイン技能検定よりもデザイナー検定のレベルの高い資格を取得することをオススメします。

結論から言うと、就活には役に立たなかった

実は、私も学生時代にデザインの資格を一つ取っています。

しかし、就職活動には何の役にも立ちませんでした。というより、今現在まで一度も役に立っていません。

同じようにデザイン系の資格を取得しようとしている人のために、自分には何故役に立たなかったのかを分析していこうと思います。

一つ、取得した資格のレベルが低かった。

まず、私が取得した資格というのがWebデザイナー検定のベーシックレベルの資格です。

とりあえず何でもいいので資格が欲しいと思った私は、入門編の資格を取ることにしたのです。

しかしこれが間違いで、簡単に取得出来たのはいいものの、自慢できるレベルの資格ではありませんでした。

もし、Webデザイナー検定を受ける場合は”エキスパート”を受験することをオススメします!

二つ、デザイナー志望では無かった。

そもそも、私はシステムエンジニアという職種を志望しており、デザイナーを志望していませんでした。

システムエンジニアでシステムを構築する業務に就くことを希望していたので、例えデザイナー系の資格を持っていても業務に役立つ内容では無かったのです。

そのため、デザイナー検定を持っているという話をしても褒められることもありませんでした。

また、Webに力を入れている企業以外では、履歴書の所有資格欄にも記載しませんでした。(口頭で補足するレベルでした。)

そのため、デザイナーを志望していないならデザイン系の資格よりも情報処理技術者試験を優先してください!

情報処理技術者の資格を持っていると、どれほど就活でメリットがあるのかについてはこちらで触れています。併せてご確認ください!

就職、転職
情報処理技術者試験とは?就活や転職が有利になる資格【IPA・基本・応用】"情報処理技術者試験"、IT業界に携わっている人なら知らない人はいません。 特に、これからIT業界に足を踏み入れる人や、情報技術を...

デザイナーを目指す上では必要

注意してほしいのが、就活に役に立たないのなら、受けなくていい訳ではありません。

私が役に立たなかったのは、デザイナーを志望していなかったからです。

逆に、Webデザイナーを志望している人は是非とも取得を目指してほしい資格の一つです!

特に、ウェブデザイン技能検定については受験資格に実務経験が必要なこともあり、社会人になってから取得を目指すデザイナーも多いです。

また、知見を広めたい方や、Web技術についても興味があるなど、資格の効果をすぐに発揮出来なくても構わない方にもオススメです。

まとめ

自分の経験を踏まえて、デザイン系の資格は就活には役に立たなかったというお話をご紹介してきました。

ただし、何度も言いますが、

デザイン系の資格が無駄という話をしているわけではありません。

今回伝えたいことは、自分の将来のために本当に必要なのか?ということを今一度立ち止まって考えて欲しいということです。

そして、本当に大切な事に時間を割いて欲しいのです。

デザインの資格は役に立ちませんでしたが、逆に役に立った資格もあります。

それが、情報処理技術者系の試験です。

システムエンジニアを目指しているが、デザイナーはちょっと違う。。。という方は

実際の成功体験も踏まえてご紹介しているので、是非ご一読いただけると幸いです。

資格、勉強、学習
学生時代に応用情報技術者の資格を取ると就活が成功しやすくなる話【体験談】情報系の大学を学部で卒業した私が、IT業界への就職を有利に進めるために取得した資格試験についてご紹介します。 私は、この資格を取得...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です